オーストラリアのバナナ植林プロジェクトがVerraプラスチッククレジットを取得

5月8日、Verraは、プラスチック廃棄物削減プログラムに登録されたオーストラリア初のプロジェクトにプラスチッククレジットを発行したと発表した。Far North Queensland Farm Plastics Projectは、バナナ農園からプラスチック廃棄物を回収し、機械式リサイクル業者や衛生的な埋立地に届けるという農業廃棄物回収を実施し、その規模を拡大している。これにより、グレートバリアリーフやファー・ノース・クイーンズランドの周辺の水路や景観に流入するプラスチック廃棄物の影響を軽減することができる。

プラスチッククレジットを販売することで、廃棄物管理が義務付けられていない、または実施されていない地域の農場からプラスチック廃棄物を回収するための資金を調達することができる。このような地域では、廃棄物回収のコストが高く、農業廃棄物処理の効率的なシステムがないため、農家が農作物のカバー、ポリパイプ、プラスチックひもなどのプラスチック廃棄物を農場に放置、埋設、焼却しており、環境を汚染していることが多く、この資金が不可欠である。本プロジェクトでは、Plastic Creditの資金調達により、年間平均250トンの農業用プラスチック廃棄物の回収を見込んでおり、長期的に事業を拡大することができる。

Verraは、2019年8月から2021年8月までに回収された32トンの農業用プラスチック廃棄物に相当する32個の廃棄物回収クレジット(WCC)をプロジェクトに発行した。

【参照ページ】
(原文)Verra Registers and Issues Plastic Credits to First Plastic Project in Australia
(日本語訳)Verra、オーストラリア初のプラスチック・プロジェクトにプラスチック・クレジットを登録・発行

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る