オーストラリアのバナナ植林プロジェクトがVerraプラスチッククレジットを取得

5月8日、Verraは、プラスチック廃棄物削減プログラムに登録されたオーストラリア初のプロジェクトにプラスチッククレジットを発行したと発表した。Far North Queensland Farm Plastics Projectは、バナナ農園からプラスチック廃棄物を回収し、機械式リサイクル業者や衛生的な埋立地に届けるという農業廃棄物回収を実施し、その規模を拡大している。これにより、グレートバリアリーフやファー・ノース・クイーンズランドの周辺の水路や景観に流入するプラスチック廃棄物の影響を軽減することができる。

プラスチッククレジットを販売することで、廃棄物管理が義務付けられていない、または実施されていない地域の農場からプラスチック廃棄物を回収するための資金を調達することができる。このような地域では、廃棄物回収のコストが高く、農業廃棄物処理の効率的なシステムがないため、農家が農作物のカバー、ポリパイプ、プラスチックひもなどのプラスチック廃棄物を農場に放置、埋設、焼却しており、環境を汚染していることが多く、この資金が不可欠である。本プロジェクトでは、Plastic Creditの資金調達により、年間平均250トンの農業用プラスチック廃棄物の回収を見込んでおり、長期的に事業を拡大することができる。

Verraは、2019年8月から2021年8月までに回収された32トンの農業用プラスチック廃棄物に相当する32個の廃棄物回収クレジット(WCC)をプロジェクトに発行した。

【参照ページ】
(原文)Verra Registers and Issues Plastic Credits to First Plastic Project in Australia
(日本語訳)Verra、オーストラリア初のプラスチック・プロジェクトにプラスチック・クレジットを登録・発行

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る