Olamのガボンでのアブラヤシ開発、FSCの森林伐採規定に抵触

Olamのガボンでのアブラヤシ開発、FSCの森林伐採規定に抵触

5月19日、森林保護推進の国際NGO森林管理協議会(FSC)Olam internationalとガボン政府の合弁会社Olam Palm GabonがFSC認証の規定を違反したと認定した。今後、裁判外紛争解決手続(ADR)による仲裁手続きに入る。

2020年、森林管理基準(FSC)は、Olam Groupとガボン政府の合弁会社であるOlam Palm Gabonの活動に対するMighty Earthの申し立てを、独立評価機関であるSmartCertに委託して評価した。これは、FSCが招集した裁判外紛争解決手続(ADR)の一環であった。

Mighty EarthとOlam Groupの両社は、SmartCertの報告書の公表を歓迎し、SmartCertの評価で特定されたPolicy for Associationの懸念に対処するために調停に参加することに合意した。FSCは、Olam GroupとMighty Earthの話し合いを仲介し、Olamが実施する一連の改善策を策定する専門のADR組織を任命しているところである。

Policy for Associationの案件を処理するための新しい手順の発表により、FSCは、両当事者が自発的にこのプロセスを使用することに同意すれば、ADRツールを使用して苦情を解決することができる。調停プロセスの結果、容認できない活動に関与した組織が履行しなければならない改善合意が作成される。本合意には、被害を受けた当事者と組織の視点が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Results of FSC commissioned assessment of allegations made against Olam Palm Gabon
(日本語訳)Olamのガボンでのアブラヤシ開発、FSCの森林伐採規定に抵触

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る