FIBS、フィンランドにおけるサステナビリティ2023年調査の結果を発表

 

5月17日、フィンランドにおけるWBCSDのグローバルネットワークパートナーであるFIBSは、「Sustainability in Finland 2023 Survey」の結果を発表した。フィンランドではサステナビリティが企業のイノベーションと投資を促進しているが、持続不可能なビジネス慣習は依然として残っている。しかし、持続不可能なビジネス慣行を放棄した企業はわずか16%であり、製品やサービスのポートフォリオから持続不可能な代替品を削除した企業はさらに少ない(13%)。

調査対象となった企業の大多数(64%)は、リスクを低減し、事業活動が環境や社会に悪影響を与えないようにすることに、サステナビリティへの取り組みを引き続き重視している。

同時に、最大35%の企業が、事業による悪影響を最小限に抑えるだけでなく、企業の行動によって社会・環境システムが回復・繁栄するための能力を生み出す、より再生的なビジネスアプローチにすでに移行していると答えている。

予想に反して、2022年の世界的な政治状況(ウクライナ戦争、コロナパンデミック、エネルギー危機)は、フィンランド企業のサステナビリティへのコミットメントを弱めることはなかった。

また、本レポートでは、フィンランドの企業では持続可能な開発のためのロビー活動に対する自社の立場やアプローチを知らない人が多いことが強調された。57%もの人が、持続不可能な政策を推進する提言組織に対する自社の立場を知らず、3分の1強(36%)が自社がどのような政治的ロビー活動を行うかを知らない。

企業の今後の主な課題は、スキルとリソースの不足である。企業の責任目標に関連して、自社のスキルが十分であると考える企業はわずか6%、企業の責任目標に関連して、自社のリソースと対策が十分であると考える企業はわずか10人に1人である。

「Sustainability in Finland 2023 Survey」は、フィンランドの大企業および中堅企業の企業責任の実践、課題、将来の展望について包括的な概観を提供している。フィンランドの1,000社の大企業、および最も重要な協同組合やその他の事業者から、184名のCEOおよび企業責任担当取締役・管理者が調査に参加した。

【参照ページ】
(原文)Sustainability in Finland 2023 Survey: Few companies have abandoned unsustainable business practices, yet regenerative business is already bringing results
(日本語訳)FIBS、フィンランドにおけるサステナビリティ2023年調査の結果を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る