KORE Power、ギガファクトリー建設資金として約202億円を調達

エネルギー貯蔵開発企業KORE Powerがギガファクトリー建設資金として約202億円を調達

11月30日、米国に本拠を置くエネルギー貯蔵開発会社でリチウムイオン電池メーカーのKORE Powerは、アリゾナ州に高密度リチウムイオン電池セルのギガファクトリーを建設するため、1億5000万ドル(約202億円)の投資ラウンドの一部として7500万ドル(約100億円)を調達したことを発表した。

本工場は、自動車メーカーから独立して建設される米国初の工場の1つであり、e-モビリティやエネルギー貯蔵の幅広い顧客に電池を供給する過程で独立性を確保することができると、同社は述べている。

KOREPlexの年間生産能力は、当初6GWhでスタートし、市場の需要拡大に応じて12GWh以上に拡大する予定である。

同社によると、新施設の建設は、エネルギー貯蔵需要の急速な伸びの中で、またバイデン政権が最近可決したインフレ抑制法の下での国産部品要求ルールによって、国産電池の需要がさらに増加すると予想される中で行われる。

KOREPlexは今年中に建設が開始され、2024年末に最初の生産が開始される予定である。

今回の資金調達は、シーメンス・フィナンシャル・サービスが主導し、クアンタ・サービス、モーター・コーポレーション、ハネウェル・ベンチャーズ、トログ・ホーリー・キャピタル、大手電力会社規模のエネルギー貯蔵プロバイダーが参加して行われた。

【参照ページ】
(原文)KORE Power Announces ~$75M First Close of $150M Investment Round with Siemens as Lead Investor and Joined by Quanta Services
(日本語訳)KORE Power、1億5000万ドルの投資ラウンドで7,500万ドルの初回クローズを発表、シーメンスがリードインベスター、クアンタサービスが参加

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る