米国、サブサハラ・アフリカに対する戦略を発表

米国、サブサハラ・アフリカに対する戦略を発表

8月8日、米バイデン政権はサブサハラ・アフリカ戦略を発表した。サハラ以南のアフリカに対する米国の新戦略は、米国の国家安全保障上の利益におけるアフリカの重要性を再定義するものである。 本戦略では、サハラ以南のアフリカにおいて、4つの主要な目標を追求する。

  1. 開放性と開かれた社会の育成

米国はサブサハラ・アメリカが開放的で誰にでもアクセス可能であり、政府と国民が国際的義務に合致した独自の政治的選択を行えるようにすることに深い関心を抱いている。 開かれた社会は一般に、米国と共通の目的のために働き、米国の貿易と投資を拡大し、国民の状況を改善する政策を追求し、中華人民共和国、ロシア、その他の行為者による有害な活動に対抗する傾向が強い。 米国は以下を含む支援により、開放性と開かれた社会を育成する。

  • 政府の透明性と説明責任を促進すること。
  • 法の支配、正義、尊厳への注力を強化すること。
  • アフリカ諸国が持続可能な開発のために天然資源をより透明性をもって活用できるように支援すること。
  1. 民主主義と安全保障の配当

サブサハラ・アフリカの民主主義を刷新するためのコミットメントと能力、および新たに発生する紛争や長期にわたる紛争の予測、防止、対処は、アフリカ人と米国人にとってより好ましい結果をもたらす可能性がある。 これらの課題に取り組むと同時に、民主主義が具体的な利益をもたらすことを再確認することにより、米国は、アフリカ人が自らの将来を決定する際に、前向きな選択肢を提供することができる。 米国は、アフリカが民主主義と安全保障の配当を実現できるよう、以下を含む支援を行う。

  • 同盟国および地域のパートナーとともに、権威主義と軍事的買収の最近の流れを食い止めること。
  • 市民社会を支援し、社会から疎外されたグループに力を与え、女性と若者の声を重視し、自由で公正な選挙を擁護すること。
  • アフリカのパートナーの能力を向上させ、地域の安定と安全を促進すること。
  • 米国の国土、個人、外交・軍事施設に対するテロリスト集団の脅威を軽減すること。
  1. パンデミックからの回復と経済的機会を促進する

サブサハラ・アフリカはCOVID-19の大流行とそれに伴う経済的・社会的影響に対処することが不可欠である。 これらの課題は、ウクライナにおけるロシアの侵略戦争に起因するサプライチェーンの問題や食糧不安によって、さらに悪化している。 米国は、より安定した包括的なアフリカ経済を構築するために、地域政府および国際パートナーと協力することを約束する。 以下を含め、パンデミックの回復と経済的機会を促進する。

  • COVID-19 パンデミックの急性期を終わらせ、次の健康上の脅威に対する備えを強化する能力を構築するための政策とプログラムを優先させること。
  • ワクチンやその他の医療措置の製造イニシアティブを支援すること。
  • グローバルインフラと投資のためのパートナーシップ(PGII)、プロスパーアフリカ、パワーアフリカ、フィードザフューチャー、デジタル変革のための新しいイニシアティブなどを通じて、地域の経済回復を支援するため、より強い成長軌道と債務の持続可能性を促進すること。
  • パンデミックとロシアの対ウクライナ戦争によってさらに弱体化した人的資本と食糧システムを再建するために、アフリカ諸国と提携すること。
  1. 保全、気候変動への適応、公正なエネルギー転換を支援する

アフリカ大陸の生態系と豊かな天然資源を保全・回復するための努力は、同時にエネルギーアクセスとエネルギー安全保障の目標を実現し、エネルギーミックスを多様化し、持続可能なサプライチェーンを構築することであり、地球規模の気候危機に対処するための中心的な取り組みである。 この地域は、一人当たりの排出量が極めて少ないにもかかわらず、気候変動による最も深刻な影響を受けることになる。 米国は自然保護、 気候変動への適応、 そして公正なエネルギー転換を、 以下の方法で支援する。

  • 政府、市民社会、地域社会と協力し、大陸の豊かな自然生態系を保護、管理、回復すること。
  • コミュニティ、経済、サプライチェーンの回復力を高めるなど、気候変動の影響を最小限に抑え、それに適応するための各国の努力を支援すること。
  • クリーンなエネルギーへの移行、エネルギーアクセス、エネルギー安全保障を加速させるために、各国と緊密に協力すること。
  • クリーンエネルギー技術を供給する重要な鉱物を持続的に開発し、確保するための官民パートナーシップを追求すること。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: U.S. STRATEGY TOWARD SUB-SAHARAN AFRICA
(日本語訳)米国、サブサハラ・アフリカに対する戦略を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る