香港、グリーンボンドの公募で約7,600億円を調達

1月5日、香港政府は、グリーンボンドの発行を完了し、米ドル、ユーロ、人民元(RMB)建てのトリプルカレンシーの募集で57億5000万ドル(約7,600億円)を調達したことを発表した。

香港金融管理局によると、今回の募集は、アジアにおけるこれまでの最大のESG債の発行だという。

今回の募集に先立ち、香港は2019年の初回10億ドル(約1,318億円)の募集に始まり、2021年の機関投資家向け追加発行、2022年の初のリテール向けグリーンボンドと、およそ10億ドルのグリーンボンドを発行してきた。これまでの公募で得られた資金は、「上下水道管理」「グリーンビルディング」「廃棄物管理・資源回収」「エネルギー効率化・保全」などの分野のプロジェクトに充てられた。

今回の募集は、グリーン、ソーシャル、サステナビリティ、サステナビリティ・リンク(GSSS)債の発行が世界の債券量に占める割合が過去最高となり、2022年第3四半期には市場全体の16%に達したことを受けたものだ。債券市場のボラティリティがここ数四半期でGSSSの発行量を圧迫しているが、発行量は引き続き債券市場全体の発行量を上回っている。

【参照ページ】
(参考記事)Hong Kong raises $5.8 billion in green bonds -term sheets
(日本語参考訳)香港、グリーンボンドの公募で約7,600億円を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る