ノルウェーの政府系ファンド、2023-25年の新戦略計画を発表

世界最大の政府系ファンドの2023-25年の新戦略計画

12月8日、ノルウェーの政府系ファンドは、2023~25年の新たな戦略計画を発表した。大規模かつ長期的な投資家である同ファンドの特性を生かし、責任ある方法で可能な限り高いリターンを達成していくとしている。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の科学者たちは、2100年までに地球の気温上昇を1.5℃に抑えるには、世界の温室効果ガス(GHG)排出量を遅くとも2025年までにピークアウトさせる必要があるとの見解を示している。 これにより、世界は2050年までにネット・ゼロエミッションを達成し、気候変動の最悪の影響を回避することができる。

本計画は、パフォーマンス、テクノロジー、オペレーションの堅牢性、人材、コミュニケーションの5つの分野に分かれているという。ノルウェー銀行は、その戦略について詳しく説明し、運用の中心は70%の株式と30%の債券で構成されるベンチマーク指数であると述べた。

また、ノルウェー銀行は、ファンドの長期的な視野と、短期的な流動性の必要性が限られていることを利用して投資を行っていると付け加えた。同行は、ファンドの価値の大きな変動に耐え、その根本的な価値が実現するのに長い時間がかかるような投資を行うことができると述べている。

【参照ページ】
(原文)New strategy plan
(日本語参考訳)新戦略

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る