米国郵政公社、66,000台の電気配送トラックを配備

米国郵政公社、66,000台の電気配送トラックを配備

12月20日、米国郵政公社は、2028年までに少なくとも66,000台のEVを配備する意向を発表し、バイデン政権の気候変動政策の主要目標を達成した。

EVへのシフトは、環境保護団体からの圧力とインフレ抑制法による資金の後押しを受けたもので、同機関は少なくとも6万台の「次世代配送車」を購入し、そのうち少なくとも4万5000台をEVとする予定である。2026年までには、米国郵政公社はほとんどゼロエミッションの配送トラックを購入する予定である。

投資額は、インフレ抑制法の資金30億ドル(約3,964億円)を含め、合計96億ドル(約1兆2,686億円)になる見込みだと、同局は声明で述べている。EVの保有台数は全米でも最大級になる予定だ。

今回の発表は、老朽化した車両の大半をガスエンジンのトラックに置き換えるという、2月に確定した郵政公社の当初の計画から大きく転換するものだ。しかし、ホワイトハウス、環境保護庁、米国議員からの批判を受け、今夏、新しい配送車両の少なくとも40%をEVにすると発表した。

Oshkosh Defenseの新しいEVは、エアバッグをはじめ、現在の車両の多くにはない安全機能を多く備えている。また荷室スペースも広くなり、郵便局ではより多くの荷物の配達可能になる。

【参照ページ】
(原文)Biden-⁠Harris Administration Announces Historic Investment to Electrify U.S. Postal Service Fleet
(日本語参考訳)バイデン-ハリス政権が米国郵政公社車両の電化のための歴史的な投資を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る