7カ国政府、COP15にて「Sustainable Critical Minerals Alliance」を発表

12月12日、COP15において、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、日本、オーストラリアの7ヶ国政府は、環境的に持続可能で社会的包摂性のある責任ある採掘・加工・リサイクル手法と責任ある重要鉱物のサプライチェーンのグローバルな導入を推進する「Sustainable Critical Minerals Alliance」を立ち上げると発表した。

本アライアンスは、温室効果ガス排出量(GHGs)を削減するための世界規模のシステム変更を通じて、2030年までに生物多様性の損失を阻止し回復するというG7 2030ネイチャー・コンパクトの公約と整合している。

本アライアンスを通じて、メンバーは、持続可能で包括的な採掘方法の開発および以下の重要鉱物の調達に向けて自発的に取り組む。

  • 生物多様性の損失を防ぎ、危機に瀕している種を保護し、自然保護をサポートし、自然環境への正味のプラスの利益を促進することを含め、汚染を最小限に抑えるための業界の慣行を奨励し、または業界と協力することによって自然肯定的なアプローチを採用する。
  • 地元と先住民のコミュニティーの権利と利益を尊重し、安全な労働条件と責任ある労働基準、多様で包括的な労働力を促進し、安全な生活環境を支援し、先住民や地元のコミュニティーに彼らの福利に影響を与える採掘からの経済的利益に参加させることによって、地元と先住民のコミュニティーを支援する。
  • 温室効果ガスの排出を削減し、遅くとも2050年までにネット・ゼロ排出を達成するよう努力し、ESG基準を通じて持続可能性を高める採掘、加工、リサイクルプロセスを促進することにより、気候変動との戦いに貢献する。
  • 可能な限り鉱山跡を閉鎖し、自然の状態に戻すための埋め立てと修復の要件を採用し、環境被害に対する責任を負うことによって、生態系を回復させる。
  • 副産物や廃棄物からの回収を含むマテリアルスチュワードシップを推進し、製品をより長く使用できるようにするとともに、重要な鉱物の再利用とリサイクルを加速させ、必要な鉱物を供給するために新たに必要となる鉱山の数を減らすことによって循環経済を構築する。
  • 投資家及び一般市民への持続可能性報告、及び国際的に認められた関連ガイドラインに規定された鉱物サプライチェーンにおけるデューデリジェンスの実施により、倫理的な企業活動を促進する。

アライアンスのメンバーは、先住民コミュニティ、非政府組織、産業界、その他の非国家主体との協力や、持続可能な重要鉱物アライアンスの目的を推進するために国内および世界で取られる行動を歓迎・奨励し、他のメンバーにも参加を呼びかけている。

2023年3月6日にトロントで開催される国際鉱業大臣サミット(カナダ探鉱開発協会年次大会に付随して開催)は、コミットメントに関する対話と持続可能な重要鉱物に関するさらなる協力関係を継続する機会を提供する。

【参照ページ】
(原文)Countries Commit to the Sustainable Development and Sourcing of Critical Minerals

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る