Amazon、北米で過去最大のプラスチック包装削減を発表

6月20日、Amazonは北米における配送包装からプラスチックエアピローの95%を紙製の梱包材に置き換え、今年末までに完全に取り除く計画を発表した。この変更により、年間約150億個のプラスチックエアピローを削減する見込み。プライムデーでは、ほぼすべての配送にプラスチックエアピローが含まれない予定だ。2023年、オハイオ州で初の自動化フルフィルメントセンターを設立し、迅速に移行を進めた結果、1年以内に95%の出荷に紙製の梱包材を使用することができた。

紙製の梱包材は、100%リサイクル素材から作られている。Amazonのパット・リンドナー氏は、「リサイクルしやすい材料で顧客の配送体験を向上させるために、Amazon全体で協力している」と述べている。

この取り組みは、Amazonの包装を減らし、リサイクル資源の活用を向上させるための継続的な投資の一環である。Amazonは引き続き、顧客と環境の両方に配慮した新しい材料やリサイクルソリューションの発明に取り組んでいく予定であり、米国エネルギー省と提携したリサイクルプログラムやAIロボットを使用したリサイクル可能な物品の自動仕分け技術など、新たな取り組みを進めている。

【参照ページ】
(原文)Amazon announces its largest reduction in plastic packaging in North America to date
(日本語参考訳)アマゾンは北米でこれまでで最大のプラスチック包装の削減を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る