昭和電工マテリアルズ、ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHを譲渡

昭和電工マテリアルズ、ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHを譲渡

8月9日、昭和電工マテリアルズ株式会社は、ドイツに本社を置くCERTINA Automotive Products AG及びこれに関連する会社(CERTINA グループ)との間で、自動車・航空機・産業用途の断熱部品を製造・販売するISOLITE GmbH及びISOLITEのグループ会社を、CERTINAグループに譲渡する株式譲渡契約を締結した。

昭和電工マテリアルズは、2017年にISOLITE社をグループに加え、日本及び欧州における自動車・航空機・産業用断熱部品の販売拡大を図るとともに、低燃費等の市場ニーズに対応した断熱部品の開発を進め、自動車エンジン・排気系部品等の熱マネジメントに関する製品を提供してきた。

一方で、昭和電工マテリアルズは、2023年1月に昭和電工と統合し、Resonacとして始動する予定である。同社は「日本発の世界トップクラスの機能性化学メーカー」を目指し、持続的成長の実現のために、規律をより意識したポートフォリオの継続的な見直し及び最適な経営資源の配分を実施していくことが重要であると考えている。

こうした中での検討を踏まえ、CERTINAグループにISOLITE社を譲渡することを決定した。CERTINAグループは自動車部品を含む製造業において専門的な知見及び経営資源を有し、豊富な案件実績を誇っている会社で、同社の元で事業拡大を図ることが最適と判断した。

昭和電工グループは「化学の力で社会を変える」をパーパス(存在意義)とし、共創型化学会社として、志を共にするステークホルダーや共同体との共創を通じてよりよい社会を創り出し、持続可能なグローバル社会の発展に貢献することを目指して変革を進める。

同社によると、ISOLITEの譲渡による当社業績への影響は軽微であると見込んでいるという。

【参照ページ】
ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHの譲渡に関するお知らせ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る