昭和電工マテリアルズ、ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHを譲渡

昭和電工マテリアルズ、ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHを譲渡

8月9日、昭和電工マテリアルズ株式会社は、ドイツに本社を置くCERTINA Automotive Products AG及びこれに関連する会社(CERTINA グループ)との間で、自動車・航空機・産業用途の断熱部品を製造・販売するISOLITE GmbH及びISOLITEのグループ会社を、CERTINAグループに譲渡する株式譲渡契約を締結した。

昭和電工マテリアルズは、2017年にISOLITE社をグループに加え、日本及び欧州における自動車・航空機・産業用断熱部品の販売拡大を図るとともに、低燃費等の市場ニーズに対応した断熱部品の開発を進め、自動車エンジン・排気系部品等の熱マネジメントに関する製品を提供してきた。

一方で、昭和電工マテリアルズは、2023年1月に昭和電工と統合し、Resonacとして始動する予定である。同社は「日本発の世界トップクラスの機能性化学メーカー」を目指し、持続的成長の実現のために、規律をより意識したポートフォリオの継続的な見直し及び最適な経営資源の配分を実施していくことが重要であると考えている。

こうした中での検討を踏まえ、CERTINAグループにISOLITE社を譲渡することを決定した。CERTINAグループは自動車部品を含む製造業において専門的な知見及び経営資源を有し、豊富な案件実績を誇っている会社で、同社の元で事業拡大を図ることが最適と判断した。

昭和電工グループは「化学の力で社会を変える」をパーパス(存在意義)とし、共創型化学会社として、志を共にするステークホルダーや共同体との共創を通じてよりよい社会を創り出し、持続可能なグローバル社会の発展に貢献することを目指して変革を進める。

同社によると、ISOLITEの譲渡による当社業績への影響は軽微であると見込んでいるという。

【参照ページ】
ドイツの断熱部品メーカー、ISOLITE GmbHの譲渡に関するお知らせ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る