脱炭素でも深刻な「熱」問題 新素材で解決目指す

脱炭素でも深刻な「熱」問題 新素材で解決目指す

データセンターの新増設ラッシュや電気自動車(EV)の普及などに伴い電子機器が発する「熱」が課題になっている。熱を冷やすための電力消費量は増えており、「脱炭素」でも残る難題だが、名古屋大学発スタートアップのU-MAP(ユーマップ、名古屋市)が新素材を量産加工できるノウハウを確立を目指している。

その新素材は単結晶窒化アルミニウム。電子機器の樹脂に混ぜると放熱性が従来に比べ約2倍になるケースがあるが、樹脂と混ぜ合わせる技術が難しい。

U-MAPは樹脂と混ぜ合わせるノウハウをライセンス技術として販売。サーバー機器やCPU(中央演算処理装置)用の封止材料、EVやロボット向けのインバーターなどこれまでU-MAPには200社から引き合いがきている。サンプル販売は海外も含め80社にのぼっている。

【参照ページ】 脱炭素でも深刻な「熱」問題 新素材で解決目指す

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る