東芝とGEが洋上風力発電システム分野において戦略的提携

東芝

GEリニューアブルエナジーと東芝エネルギーシステムズは、GEのHaliade-X洋上風力タービンの製造プロセスの主要な工程を日本国内で行い、同国でのビジネスを促進するための戦略的提携契約に署名したと発表した。

日本政府は「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の一環で、毎年1GWの入札を含む2030年までに10GWの洋上風力発電の導入目標を設定し、競争力のある国内のサプライチェーンの整備などにより、2040年までに浮体式の洋上風力発電を含め、30~45GWの洋上風力の導入目標を設定している。

両社は、日本の洋上風力の発展に向けてそれぞれの強みを持ち寄るとしている。

【参照ページ】 GEと東芝が洋上風力発電システム分野において戦略的提携契約を締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る