みずほ銀行、東京都とサステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定を締結

みずほ銀行、東京都とサステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定を締結

5月31日、みずほ銀行は東京都と「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」を締結した。

東京都は、サステナビリティに配慮した経営への転換に向けて、都内中堅・中小企業が連携協定を締結した金融機関が取り扱うサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)を調達する際に必要となる、コンサルティング業務等の費用の一部を支援する「サステナビリティ経営促進事業」を展開している。

みずほ銀行は東京都の上記の取り組みに賛同する形で、今回の連携協定の締結を行った。また、みずほ銀行は中堅・中小企業の顧客に対して、SLL 原則で求められる客観的な評価等の負担を軽減できるよう独自のフレームワークを開発し、より幅広い企業がSLL 原則に則ったファイナンスの実行を通じてサステナビリティ経営を推進できるよう仕組みづくりを行っているという。

【参照ページ】
東京都との「サステナブルファイナンス活性化に向けた連携協定」の締結について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る