イギリス、個人と中小企業に大幅な減税発表

5月23日、イギリスの財務大臣を務めるRishi Sunakは、7月から国民保険の個人控除を12,570ポンド(約200万円)に引き上げると発表した。約3000万人の英国労働者が減税の恩恵を受け、7月からの1年間で一般的な従業員は330ポンド(約5万円)以上節約できる。

Sunak氏はまた、ガソリンとディーゼルの燃料税を1リットルあたり5ポンド(約800円)引き下げると発表した。これにより、自動車1台を所有する家庭で平均100ポンド(約1万6,000円)の節約になる。

さらに、所得税の基本税率も2024年に1ポンド(約162円)引き下げる。この減税は、労働者、貯蓄者、年金生活者にとって50億ポンド(約8,000億円)に相当し、基本税率の引き下げは16年ぶりとなる。

首相はまた、投資、イノベーション、成長を促進するための一連の企業支援策を打ち出した。支援策には雇用手当の1,000ポンド(約16万円)増額が含まれ、約50万社の中小企業に恩恵をもたらす。

今回の大幅な減税は、パンデミック後の世界的なサプライチェーンの問題や、ロシアのウクライナ侵攻が、英国中の家庭の生活費を押し上げていることを受けたものである。

【参照ページ】
(原文)Chancellor announces tax cuts to support families with cost of living
(日本語訳)英首相、生活費を支える家庭の減税を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る