Neste、Circulariseと協力 循環型ポリマーと化学品のバリューチェーンにおけるトレーサビリティを確保

5月31日、NesteとオランダのスタートアップCirculariseは、Circulariseのトレーサビリティソフトウェアを循環型ポリマーと化学品のサプライチェーンに導入するための提携を発表した。両社は、再生可能な材料やリサイクル材料の流れを追跡し、バリューチェーンに沿った透明性を高めるデジタルソリューションの確立で協力する。

両社は、Circulariseのブロックチェーンベースのサプライチェーントレーサビリティソフトウェアを使用し、物理的な材料のデジタルツインを作成する予定だ。このツインには、バリューチェーン全体で使用された材料に関する情報が保存され、すべてのバリューチェーン関係者が材料を追跡できるようになる。これにより、材料がどこから来て、どこでどのように加工されたかを検証することができる。また、デジタルツインは、素材や素材から作られた製品のカーボンフットプリントなどのサステナビリティデータに関する情報を提供することもできる。

コラボレーションの目的は可視性と信頼性の向上だが、Circulariseは機密性も優先している。パブリックブロックチェーンベースのインフラとCircularise独自のSmart Questioning技術を使用することで、この2つの目標を1つのソリューションに統合し、知的財産やプライバシーを損なうことなくバリューチェーン上の当事者間で信頼できるデータと情報を共有することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)Transparent and traceable: Neste teams up with Circularise to increase visibility along circular polymers and chemicals value chains
(日本語訳)Neste、Circulariseと協力し、循環型ポリマーと化学品のバリューチェーンにおけるトレーサビリティを確保

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る