BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

資産運用大手BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

4月14日、世界最大の資産運用会社であるBlackRockは、企業や政府発行体に投資している運用資産の少なくとも4分の3は、2030年までに科学的根拠に基づくネット・ゼロに沿った気候目標を持つ発行体へ投資されると予測した。

BlackRockは、現在、企業や政府発行体の運用資産の約25%が、2050年までにネット・ゼロを達成する科学的根拠に基づく目標を持つ発行体に投資されており、2030年までに75%に増加すると指摘している。同社は、金融機関に対し、2040年までに科学的根拠に基づく目標をポートフォリオに100%組み込むことを求める「Science Based Targets」イニシアティブを達成するためには、2030年までに少なくとも61%の目標を組み込む必要があると述べている。

【参照ページ】
(原文)BlackRock’s 2030 net zero statement
(日本語訳)資産運用大手BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る