BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

資産運用大手BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

4月14日、世界最大の資産運用会社であるBlackRockは、企業や政府発行体に投資している運用資産の少なくとも4分の3は、2030年までに科学的根拠に基づくネット・ゼロに沿った気候目標を持つ発行体へ投資されると予測した。

BlackRockは、現在、企業や政府発行体の運用資産の約25%が、2050年までにネット・ゼロを達成する科学的根拠に基づく目標を持つ発行体に投資されており、2030年までに75%に増加すると指摘している。同社は、金融機関に対し、2040年までに科学的根拠に基づく目標をポートフォリオに100%組み込むことを求める「Science Based Targets」イニシアティブを達成するためには、2030年までに少なくとも61%の目標を組み込む必要があると述べている。

【参照ページ】
(原文)BlackRock’s 2030 net zero statement
(日本語訳)資産運用大手BlackRock、2030年までの企業・政府発行体におけるESG投資の加速を予測

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る