Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減する目標や、包括的な成長を支援する社会的影響の誓約など、一連の新しいESGコミットメントを発表した。

Hiltonの新しい気候変動に関する目標には、2030年までに管理ホテルで温室効果ガス(GHG)排出強度を75%削減すること(従来の61%目標から加速)、フランチャイズホテルで56%削減することが含まれている。GHG排出量の目標値は、Science Based Targets initiative(SBTi)により、世界の気温上昇を1.5℃に抑えるという軌道に沿ったものである。

昨年、SBTiは、気候変動による最悪の影響を回避するために、気温上昇を1.5℃に抑える野心に沿った目標のみを近々受け入れると発表し、承認する気候目標の基準を厳格化した。Hiltonの以前の目標は2℃のシナリオを想定しており、同社は数ヶ月間SBTiと協力して気候目標の再検証を行ったと述べている。

【関連記事】SBTi、企業のネット・ゼロ目標を評価・認証する規格を発表

アップグレードされた目標に加えて、同社はVC投資家であるFifth WallのClimate Tech Fundに新たにコミットし、ソフトウェア、ハードウェア、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵、スマートビルディング、炭素隔離技術に投資すると発表している。

Hiltonの社会的影響に関するコミットメントには、2030年までに社会的地位の低いグループに焦点を当て、従業員とコミュニティのために500万件の学習とキャリア成長の機会を創出し、2030年までに地域支援、経済機会、災害救済を通じて2000万人のコミュニティメンバーに意味のある影響を与え、バリューチェーン事業の100%で責任と包括的な行動を推進する目標が含まれている。

【参照ページ】
(原文)
Hilton Enhances ESG Targets to Drive Climate Action and Social Impact
OUR JOURNEYTOWARD 2030
(日本語訳)
ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る