DiageoとecoSPIRITS、再利用可能なガラス瓶でアルコール飲料をグローバルに提供

11月29日、英国の飲料大手企業、Diageoとシンガポールの低炭素・低廃棄輸送技術企業であるecoSPIRITSは、アルコール飲料ブランド「ゴードン」「スミノフ」「キャプテン・モルガン」を再利用可能なガラス瓶で実証販売するためのグローバル契約を締結したことを発表した。本契約は今後3年間にわたり、18の市場で展開される予定である。

Diageoは本プロジェクトで、4.5Lの再利用可能なガラス瓶「ecoTOTE」を採用する。使用後のecoTOTEはオフサイト施設へ返却され、最大で150回の再利用が可能な設計となっている。これにより、製品ライフサイクル全体で最大1,000本のガラス瓶を削減し、6回目の使用以降では70clのガラス瓶比で二酸化炭素排出量の削減が期待される。

両社は2022年4月に東南アジア地域での実証導入をスタートし、現在は38のバーでこの取り組みが展開されている。 Diageoは2030年までにスコープ1、スコープ2でのカーボンニュートラルとスコープ3での二酸化炭素排出量50%削減を目指し、2050年までにはスコープ3を含むバリューチェーン全体でのカーボンニュートラルを達成することを目標としている。今回のアクションは、これらの取り組みの一環として位置づけられている。

【参照ページ】
(原文)Diageo partners with ecoSPIRITS to take circular economy of its spirits distribution to a global scale
(日本語参考訳)DiageoとecoSPIRITS、再利用可能なガラス瓶でアルコール飲料をグローバルに提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る