EU理事会と欧州議会、公正で革新的なデータ経済のための規則で政治的合意

6月28日、欧州委員会が2022年2月に提案した欧州データ法について、欧州議会とEU理事会の間で政治的合意に達した。

データ法は、産業データのロックを解除し、そのアクセスと利用を最適化し、競争力と信頼性のある欧州のクラウド市場を育成することによって、EUのデータ経済を活性化することを目的としている。本法律は、デジタル革命の恩恵がすべての人に共有されることを保証するものである。

データ法には以下が含まれる。

  • コネクテッドデバイスの利用者が、これらのデバイスや、関連するサービスによって生成されたデータにアクセスできるようにするための措置。ユーザーはデータを第三者と共有できるようになり、アフターサービスやイノベーションが促進される。同時に、製造業者は高品質のデータ生成に投資するインセンティブを維持し、その企業秘密は保護される。
  • 一方的に課される不公正な契約条件からの保護を提供する措置。これは、EU企業を不当な契約から保護し、公正な交渉を促進し、中小企業がデジタル市場により自信を持って参加できるようにするためのものである。
  • 洪水や山火事などの緊急事態が発生した場合や、必要なデータが他の手段では容易に入手できない場合に、公的機関が民間企業が保有するデータにアクセスして利用するための仕組み。
  • 様々なクラウドデータ処理サービスプロバイダー間の切り替えの自由を顧客に認める新規則。同規則は、ベンダーによる囲い込みを防ぐと同時に、市場における競争と選択を促進することを目的としている。さらに、データ法は違法なデータ転送に対するセーフガードを含み、より信頼性が高く安全なデータ処理環境を保証する。
  • EU標準化戦略に沿って、データ共有とデータ処理に関する相互運用性標準の開発を促進するための措置。

欧州議会とEU理事会の政治的合意は、今後、両共同立法者による正式な承認を得ることになる。採択されたデータ法は、官報に掲載されてから20日目に発効し、発効から20カ月後に適用される。

【参照ページ】
(原文)Data Act: Commission welcomes political agreement on rules for a fair and innovative data economy
(日本語訳)EU理事会と欧州議会、公正で革新的なデータ経済のための規則で政治的合意

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る