欧州委員会、EU機関におけるサイバーセキュリティ強化のための新規則で政治合意

6月26日、欧州連合(EU)の機関、団体、事務所におけるサイバーセキュリティの高度な共通レベルの対策を定めた欧州委員会提案の規則について、欧州議会とEU理事会の間で政治的合意に達した。現在、交渉は終了し、欧州議会およびEU理事会による法文の最終承認への道が開かれた。

欧州委員会は2022年3月、サイバーセキュリティ規則の提案を発表した。同規則は、サイバーセキュリティに関するEU全体のガバナンス、リスク管理、統制のための枠組みを導入するもので、その実施を監視するための新たな機関間サイバーセキュリティ委員会が設置される。また、脅威情報、情報交換、インシデント対応の調整ハブ、中央諮問機関、サービスプロバイダーとして、「EU機関のためのコンピューター緊急対応チーム(CERT-EU)」の任務も拡大される。CERT-EUは、認知のためにCERT-EUという略称を維持しつつ、その新しい任務を反映するために、「EUのためのサイバーセキュリティ・サービス」に改名された。

全EU機関、団体、事務所に対する提案の主な要素は以下の通り。

  • サイバーセキュリティ分野におけるガバナンス、リスク管理、統制の枠組みを持つ
  • 定期的な成熟度評価を実施する
  • 特定されたリスクに対応するサイバーセキュリティ対策を実施する
  • サイバーセキュリティの改善計画を策定する
  • インシデント関連情報を過度な遅延なくCERT-EUと共有する

【参照ページ】
(原文)Commission welcomes political agreement on new rules to boost cybersecurity in EU institutions, bodies, offices and agencies
(日本語訳)欧州委員会、EU機関におけるサイバーセキュリティ強化のための新規則で政治合意

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る