メルセデス・ベンツ、ドイツに電力需要の15%を賄う風力発電所を建設

メルセデス・ベンツ、ドイツで電力需要の15%を賄う風力発電所を建設

9月19日、メルセデス・ベンツは、ドイツのパペンブルクにあるテストコースに風力発電所を建設し、グリーン電力のポートフォリオを拡大することを発表した。本風力発電所の出力は100MW以上となり、同社のドイツにおける年間電力需要の15%以上をカバーする予定だ。

新計画は、今年初めに開催されたESG会議で発表された、2030年までに乗用車1台あたりのCO2排出量を50%以上削減する目標、自社拠点での太陽光・風力発電の拡大、電力購入契約の利用拡大などの一連の発表に続くものだ。

同社は、10年半ばまでに2桁台の風力タービンを建てる計画の一環として、パートナーとの長期購入電力契約(PPA)も計画しており、”3桁万ユーロの金額に相当する “とした。さらに、800ヘクタールのパペンブルク試験場では、太陽光発電システムの大規模な設置を評価すると述べている。

同社は2030年までに、生産におけるエネルギー需要の70%以上を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。

【参照ページ】
(参考記事)Mercedes-Benz plans to install wind turbines with over 100 MW output at German test track
(日本語訳)メルセデス・ベンツ、ドイツのテストコースに出力100MW超の風力発電機を設置する計画

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る