メルセデス・ベンツ、ドイツに電力需要の15%を賄う風力発電所を建設

メルセデス・ベンツ、ドイツで電力需要の15%を賄う風力発電所を建設

9月19日、メルセデス・ベンツは、ドイツのパペンブルクにあるテストコースに風力発電所を建設し、グリーン電力のポートフォリオを拡大することを発表した。本風力発電所の出力は100MW以上となり、同社のドイツにおける年間電力需要の15%以上をカバーする予定だ。

新計画は、今年初めに開催されたESG会議で発表された、2030年までに乗用車1台あたりのCO2排出量を50%以上削減する目標、自社拠点での太陽光・風力発電の拡大、電力購入契約の利用拡大などの一連の発表に続くものだ。

同社は、10年半ばまでに2桁台の風力タービンを建てる計画の一環として、パートナーとの長期購入電力契約(PPA)も計画しており、”3桁万ユーロの金額に相当する “とした。さらに、800ヘクタールのパペンブルク試験場では、太陽光発電システムの大規模な設置を評価すると述べている。

同社は2030年までに、生産におけるエネルギー需要の70%以上を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。

【参照ページ】
(参考記事)Mercedes-Benz plans to install wind turbines with over 100 MW output at German test track
(日本語訳)メルセデス・ベンツ、ドイツのテストコースに出力100MW超の風力発電機を設置する計画

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る