BASF、SABIC、LINDE、世界初の大型電気加熱式蒸気分解炉の建設を開始

BASF、SABIC、LINDE、世界初の大型電気加熱式蒸気分解炉の建設を開始

9月1日、BASF、SABIC、LINDEは、大規模な電気加熱式蒸気クラッカー炉の世界初の実証プラントの建設を開始した。新技術は、天然ガスの代わりに再生可能資源による電力を使用することで、化学業界で最もエネルギー集約的な生産プロセスの一つであるCO2排出量を、現在一般的に使用されている技術に比べて90%削減できる可能性がある。

実証プラントは、ドイツのルートヴィッヒスハーフェンにあるBASFのフェルブント工場にある既存のスチームクラッカーの1つに完全に統合される予定である。本プラントでは、2つの異なる加熱コンセプトをテストし、1時間あたり約4トンの炭化水素を処理し、6メガワットの再生可能な電力/電力を消費する予定である。実証プラントの稼動は2023年を予定している。BASF、SABIC、LINDEは、本技術により、現在の技術と比較して二酸化炭素排出量を大幅に削減できる本格的な商業生産プラントの開発を目指す。

パイロット版の投資費用はBASFとSABICが負担し、実証プラントはBASFが運営する予定である。LINDEはこのプロジェクトのエンジニアリング、調達、建設のパートナーであり、将来的には開発された技術を商業化する予定である。

本プロジェクトは、ドイツ連邦経済・気候変動省の「産業における脱炭素化」資金援助プログラムにより、現在の枠組み条件とエネルギーコストによる課題に対応するため、1480万ユーロ(約21億円)の助成金を得ている。

【参照ページ】
(原文)BASF, SABIC AND LINDE START CONSTRUCTION OF THE WORLD’S FIRST LARGE-SCALE ELECTRICALLY HEATED STEAM CRACKER FURNACES
(日本語訳)BASF、SABIC、LINDE、世界初の大型電気加熱式蒸気分解炉の建設を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る