欧州委員会、再生可能エネルギーの普及を促進するための緊急措置を発動

欧州委員会、再生可能エネルギーの普及を促進するための緊急措置を発動

11月9日、欧州委員会は、ロシアの化石燃料から独立する一連のアクションの一環として、再生可能エネルギーの導入を加速させるための緊急措置案を発表した。

1年間適用される本措置案は、新規許可手続きにおけるボトルネックを解消するために、再生可能エネルギー発電所を「優先的公益」の地位に分類し、人工構造物への太陽光発電設備の設置に関する許可の即時簡略化・迅速化、経済寿命が終わりに近づいている再生可能エネルギー発電所の再出力、ヒートポンプの早期展開の促進などを盛り込んでいる。

欧州委員会によると、新しい措置の対象となるエネルギー種やプロジェクトには、迅速な展開の可能性が最も高く、環境への影響が最も少ないものが含まれている。

本措置案は、2022年5月に提案された、ロシアの化石燃料に対する欧州の依存度を下げるための3,000億ユーロ規模の戦略「REPowerEU」の一部を構成するものである。エネルギー市場の状況が悪化していることから、欧州理事会から再生可能エネルギーの導入に関する許認可手続きの迅速化を要請されたことを受けて提案された。

RePowerEU計画で説明されているように、EUはすでに再生可能エネルギー容量の展開を拡大する方向に動いている。火曜日に開催されたCOP27の会議において、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、EUは今年、自然エネルギーの導入を2倍の5,000万kWにする予定であり、来年はさらに倍増して過去最高の1億kWにすることを目指していると述べた。

【参照ページ】
Commission steps up green transition away from Russian gas

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る