Amundi、複数の資産クラスを対象としたネット・ゼロ・ファンドのラインナップを開始

 

4月18日、欧州の大手資産運用会社であるAmundiは、幅広い資産クラスを対象としたパッシブおよびアクティブ運用のファンド群である「ネット・ゼロ・アンビション戦略」を発表した。本戦略は、投資家がポートフォリオをネット・ゼロ軌道に合わせ、気候投資目標に近づくことができるようにすることを目的としている。

本投資パッケージは、株式、債券、不動産、マルチアセット、新興市場、ETFなどの資産クラスにわたる戦略で構成されている。

株式ファンドには、炭素削減が進んでいる「気候チャンピオン」、気候問題に取り組む「気候コミットメント」企業、低炭素経済を実現する技術や製品を生み出す「気候イネーブラー」に投資するグローバルおよび欧州中心の大型株戦略がある。

新しい債券戦略には、ネット・ゼロの軌道を設定した企業に焦点を当て、ネット・ゼロへの移行に伴い気候への影響が大きい分野で事業を行う企業との連携を図るグローバル社債ファンドや、ポートフォリオの炭素強度を削減し、ベンチマークであるMSCI米国企業パリ協定指数と比較して優れた炭素指標を維持することを目的とした米国社債ファンドがある。

さらに、ポートフォリオの炭素排出量を1.5℃以下に維持することを目指すマルチセクター・マルチカントリー不動産気候影響戦略、エネルギー転換に向けた資金調達を行いながらポートフォリオの炭素排出量を削減することを目指すマルチアセット戦略、ネット・ゼロを達成する可能性が最も高い企業を特定し炭素転換コストを企業の評価に組み込む新興国戦略、パリ協定の目標に沿った30以上の気候ETFを揃えたAmundiのファンドなどである。

Amundiによると、気候変動に焦点を当てた新しい商品群の発売は、投資商品におけるESGファンドの比率を高めるという目標を含む同社の「ESGプラン2025」と、気候、社会的結束、農業・農産物の移行という主要優先事項に焦点を当てた親会社Crédit Agricoleグループの「社会的プロジェクト」をサポートしている。

【参照ページ】
(参考記事)Amundi launches suite of net zero funds

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る