Frito-LayとQuaker、業界をリードする新しいグリーンハウス・ラーニングセンターを開設

Frito-LayとQuaker、業界をリードする新しいグリーンハウス・ラーニングセンターを開設

4月4日、Frito-LayとQuakerは、研究開発本部内に業界最先端のグリーンハウス・ラーニングセンターを開設したことを発表した。本ラーニングセンターは、イノベーションの速度を速めることを目的として、堆肥化可能なパッケージングの実地試験、測定、分析に使用される予定である。本施設は、2025年までにパッケージの100%をリサイクル可能、コンポスト可能、生分解性、再利用可能なものにするというペプシコポジティブ(pep+)パッケージング目標を達成するための重要なマイルストーンとなる。

Frito-LayとQuakerは、業界をリードするGreenhouse Learning Centerを開設し、イノベーションの速度を速めることを目的に、堆肥化可能なパッケージングの実地試験、測定、分析に使用する予定である。

R&Dパッケージングチームは、温室ラーニングセンターを利用して、コンポスタブルパッケージの生分解特性をさまざまな環境でテストし、学びを加速させるとともに、パッケージング処方の改善と同時にリアルタイムの実験を通じてラボ結果を検証し、パッケージングソリューションをより迅速に反復する予定である。

ラーニングセンターは、パッケージング製品の試験から認証取得までの期間を少なくとも2~3倍短縮し、事業と業界全体を前進させることを目的としている。この新しい施設は、ペプシコが世界で初めて設置したもので、堆肥化可能なパッケージが生まれる既存のプロトタイピングラボの隣に位置し、それを補完するものである。また、パートナーやステークホルダーにコンポスタブル包装への移行のメリットを教育し、生分解性材料による循環性を実証し、生協や訪問者にトレーニングを提供することで、業界標準を積極的に変えることを目的としている。

Frito-LayとQuakerの研究開発チームは、パッケージングプロセスを改善するために、長年にわたって研究を行い、戦略的パートナーシップを形成してきた。2010年に世界初の100%商業用堆肥化チップバッグを発売した後も、Frito-LayとQuakerは、堆肥化パッケージの進化に向けて前進を続けている。

Off The Eaten Pathの次世代型商業用堆肥化可能パッケージの発売から学んだことを基に、同社は85%再生可能な植物素材を使用し、従来のスナックバッグよりも温室効果ガス(GHG)排出量が約60%少ない他の選択肢を発表した。今後は、家庭で堆肥化できるパッケージや生分解性の高いパッケージに注力し、グリーンハウスで行われる研究が重要な役割を果たすことになる。

【参照ページ】
(原文)Frito-Lay and Quaker Open New Industry-Leading Greenhouse Learning Center to Fast-Track Sustainable Packaging Innovation
(日本語訳)Frito-LayとQuaker、持続可能なパッケージのイノベーションを迅速に進めるため、業界をリードする新しいグリーンハウス・ラーニングセンターを開設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る