ClimeCo、脱炭素化ソリューションプラットフォームの拡大に向け約60億円の資金調達を発表

 

4月5日、環境商品の開発と管理を手掛ける米企業のClimeCoは、60億円超の資金調達を発表した。本資金調達は、Warburg Pincusと建設資材、環境サービス、特殊化学品のコングロマリットであるHeritage Groupが主導した。

同社によると、本資金調達により、森林再生、マングローブ再生、海洋プラスチック回収・再利用などの分野におけるグローバルなプロジェクト開発努力や、産業ガスや農業用メタンのプログラムを拡大し、オーガニック成長とM&Aを通じてチームを増強する。

また、ClimeCoは、炭素回収・利用・貯留(CCUS)やその他のインパクトの大きい新たな脱炭素資産クラスへの拡大も表明している。

【参照ページ】
(原文)Warburg Pincus and The Heritage Group Invest in ClimeCo to Expand Global Decarbonization Platform
(日本語訳)ClimeCo、脱炭素化ソリューションプラットフォームの拡大に向け60億円超の資金調達を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る