Novata、プライベート・マーケット向けESGデータ・プラットフォームを発表

 

4月4日、Novataは未上場企業のESG指標の収集・報告を目的とした、ESGデータ管理プラットフォームの立ち上げを発表した。

NovataはS&P Global 、the Ford Foundation 、Hamilton Lane 、 Omidyar Networkを含むコンソーシアムが昨年設立した公益法人で、複数の大手プライベートエクイティ企業や年金基金が支援・助言を行っている。

Novataによると、本プラットフォームは、ゼネラルパートナー(GP)とリミテッドパートナー(LP)のニーズに基づき、プライベートマーケットにおけるESGへの関心の高まりと、市場参加者がESGデータを収集・測定する際の課題から生まれた。

本プラットフォームは、ユーザーに明確なESG指標の定義、収集すべき指標とその計算方法に関する実用的なガイダンスを提供し、未公開企業のESGインパクトの明確なビューを提供し、投資家とポートフォリオ企業のESGデータ収集プロセスを簡素化するよう設計されている。

本プラットフォームが提供・追跡する主な指標には、環境カテゴリ(GHG排出量、再生可能エネルギー使用、水・廃水管理)、社会問題(エンゲージメント、多様性と受容、従業員の健康と安全、データセキュリティ)、ガバナンス要素(取締役の多様性、ビジネス倫理、汚職・贈賄、システムリスク管理など)が含まれる。

【参照ページ】
(参考記事)Novata Launches Novel Technology Platform to Enable Private Markets to Track ESG Data

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る