Novata、プライベート・マーケット向けESGデータ・プラットフォームを発表

 

4月4日、Novataは未上場企業のESG指標の収集・報告を目的とした、ESGデータ管理プラットフォームの立ち上げを発表した。

NovataはS&P Global 、the Ford Foundation 、Hamilton Lane 、 Omidyar Networkを含むコンソーシアムが昨年設立した公益法人で、複数の大手プライベートエクイティ企業や年金基金が支援・助言を行っている。

Novataによると、本プラットフォームは、ゼネラルパートナー(GP)とリミテッドパートナー(LP)のニーズに基づき、プライベートマーケットにおけるESGへの関心の高まりと、市場参加者がESGデータを収集・測定する際の課題から生まれた。

本プラットフォームは、ユーザーに明確なESG指標の定義、収集すべき指標とその計算方法に関する実用的なガイダンスを提供し、未公開企業のESGインパクトの明確なビューを提供し、投資家とポートフォリオ企業のESGデータ収集プロセスを簡素化するよう設計されている。

本プラットフォームが提供・追跡する主な指標には、環境カテゴリ(GHG排出量、再生可能エネルギー使用、水・廃水管理)、社会問題(エンゲージメント、多様性と受容、従業員の健康と安全、データセキュリティ)、ガバナンス要素(取締役の多様性、ビジネス倫理、汚職・贈賄、システムリスク管理など)が含まれる。

【参照ページ】
(参考記事)Novata Launches Novel Technology Platform to Enable Private Markets to Track ESG Data

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る