Amex、法人顧客向けに支出による炭素影響を追跡・相殺するソリューションを提供開始

 

4月6日、American Express (Amex)は、気候変動に焦点を当てた一連の取り組みやサービスを発表した。その中には、法人顧客が支出に伴う二酸化炭素排出量を測定、管理、相殺するための新しいソリューションの導入計画も含まれている。

Amexは、顧客が自分の二酸化炭素排出量を理解するのに役立つ新しいデジタル商品とサービスを今年後半に提供することを目指す。同社は現在、法人顧客が、航空機の利用、地上交通機関、ホテル宿泊、レストラン、小売店など、従業員の特定のカテゴリーの支出に関連する推定炭素排出量を追跡できるように、拡張版カーボンフットプリント・ダッシュボードを開発中である。

さらに、Amexは米国の法人顧客が、大規模な炭素除去・削減・回避プロジェクトなどの分野への投資を提供するカーボン・オフセット・プロバイダーに接続できるよう、一連の機能の開発を進めている。

このほかにも、「Shop with Purpose」Amexオファーの開始、認定Bコーポレーションでの対象購入に対する特典の提供、リサイクル・プラスチック・カードの提供拡大、アメリカン・フォレスト、国立公園財団、アースウォッチ・インスティチュートへの200万ドル(約2億4,746万円)を超える助成金提供などの取り組みも発表している。

【参照ページ】
(原文)American Express Announces New Initiatives to Advance Climate Action and Support Low-Carbon Communities
(日本語訳)Amex、法人顧客向けに支出による炭素影響を追跡・相殺するソリューションを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る