Volkswagen、約658億円を通じた工場改革の一環として、22,000人の従業員をEV生産で再教育

Volkswagen、約658億円を通じた工場改革の一環として、22,000人の従業員をEV生産で再教育

2月21日、自動車大手Volkswagenは、大規模な再教育キャンペーンを開始し、欧州最大の自動車生産拠点であるヴォルフスブルク工場で、22,000人の生産従業員に電気モビリティのトレーニングを行う計画を発表した。

Volkswagenが保有車両のEVへのシフトを加速させる中、新たなトレーニングの取り組みが行われる。同社は、2021年に発表した「Way to Zero」計画の一環として、2030年までに欧州での販売台数の70%以上をEV化することを約束している。また、同社は、2033年から欧州でEVのみを生産するとしている。

12月、Volkswagenは2025年初頭までにヴォルフスブルク工場に4億6,000万ユーロ(約658億円)を投資する計画を発表した。

Volkswagenは、トレーニングの取り組みの一環として、他のトレーニングモジュールと並行して、小グループの従業員が一連の部屋でさまざまな問題を解決するエスケープルーム形式のプログラム「eMotionRoom」ルームをヴォルフスブルク工場に開設した。

【参照ページ】
(原文)Wolfsburg plant: Volkswagen will train 22,000 production employees for e-mobility by 2025
(日本語参考訳)Volkswagen、約658億円を通じた工場改革の一環として、22,000人の従業員をEV生産で再教育

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る