炭素除去の専門家、ネット・ゼロ目標から炭素除去を禁止する動きに反発

炭素除去の専門家、ネット・ゼロ目標から炭素除去を禁止する動きに反発

2月14日、炭素市場および除去に特化した団体は、Net Zero Asset Owners Alliance(NZAOA)に対して公開書簡を発表し、メンバーの気候目標における炭素除去技術の使用を認めない後、同投資家グループに対し、その支援を確認するよう要請した。

2019年に設立されたNZAOAは、2050年までに投資ポートフォリオを温室効果ガス排出量ネット・ゼロに移行することを約束する機関投資家による国連招集の会員主導のイニシアティブである。同組織は、11兆米ドル(約1,400兆円)を超える運用資産を持つ84のメンバーに成長した。

NZAOAは今年初め、最新の「目標設定プロトコル」を発表した。これは、地球温暖化を1.5℃未満に抑えるためのIPCCの経路に沿うように、アライアンスメンバーが科学的根拠に基づく排出量の目標を設定するためのガイドとなる。新ルールの最も大きな変更点の一つは、アライアンスメンバーが目標達成のために炭素除去を利用できなくなったことである。

炭素除去は、気候変動に対処するための重要な手段として浮上しているが、大気中から炭素を回収して貯蔵する技術やソリューションのほとんどは、まだかなり初期の段階にある。昨年発表されたIPCCの画期的な気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去(CDR)方法が今後数十年にわたって年間数十億トンの除去量に拡大すると見込まれている。

NZAOAは、炭素除去市場が「脱炭素化を加速させるために重要」であることを認めながらも、「炭素除去技術がまだ大規模なインパクトを与えていないため、会員の気候目標に向けた利用を認めない」と表明している。

本書簡は、新しい規則が必要な投資を炭素除去への投資から遠ざける危険性があるという懸念に対応している。NZAOAが炭素除去技術への支持を確認するために、炭素削減と炭素除去の科学的根拠に基づく暫定目標を別々に設定すること、耐久性のある二酸化炭素除去技術に2030年までに投資を奨励すること、排出削減・回避オフセットと検証済みの炭素除去・貯蔵方法とを区別することなど、いくつかの行動をとるよう要請している。

【参照ページ】
(原文)Open Letter requesting separate carbon removal targets to Net Zero Asset Owners Alliance (NZAOA)
(日本語参考訳)炭素除去の専門家、ネット・ゼロ目標から炭素除去を禁止する動きに反発

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る