カナダ、プラスチック製品のリサイクル含有量と表示義務化ルールを提案

カナダ、プラスチック製品のリサイクル含有量と表示義務化ルールを提案

4月18日、カナダ政府は、プラスチック汚染の防止と、プラスチックの製造・使用・管理方法の改善を目的とした一連の施策を発表した。

政府の声明によると、カナダでは年間440万トンのプラスチックが廃棄されているが、リサイクルされるのはわずか9%であることから、新ルールが設けられた。

政府が指摘したプラスチックの持続可能な処理に関する問題の一つは、地域の廃棄物管理システムでリサイクルや堆肥化ができない多くの製品に、リサイクル可能を意味する「追いかける矢のマーク(chasing-arrows symbol)」や「生分解性」を表示することである。

提案されている規則では、プラスチック包装や使い捨てプラスチックに「追いかける矢のマーク」やその他のリサイクル可能性を示す表示をすることは、その州や地域の80%の人々が、これらのプラスチックを収集・分別・再処理するリサイクルシステムを利用できる場合を除いて禁止される。また、プラスチック包装や使い捨て商品のラベルに「分解可能」「生分解性」などの用語を使用することを禁止し、堆肥化可能であることを示すラベルの最低基準を設定する予定。

本提案には、特定の種類のプラスチック包装に最低限リサイクルされたコンテンツを含める要件も含まれている。政府は、リサイクルシステムの改善、温室効果ガス排出の削減、プラスチックの循環経済の促進などの利点を持つ、より強力で信頼できるリサイクルプラスチックの最終市場を支援するのに役立つと述べている。

プラスチック登録は、カナダ市場に投入されたプラスチックについて、使用後の管理方法を含む年次報告義務を課し、カナダにおけるプラスチックのライフサイクルに関するデータを公表することで、経済におけるプラスチックの追跡に役立てる。

【参照ページ】
(原文)Recycled content and labelling rules for plastics: regulatory framework paper
(日本語参考訳)カナダ、プラスチック製品のリサイクル含有量と表示義務化ルールを提案

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る