BDC、約200億円のサステナビリティ・テック・ベンチャー・ファンドを立ち上げ

BDC、約200億円のサステナビリティ・テック・ベンチャー・ファンドを立ち上げ

4月18日、カナダビジネス開発銀行(BDC)は、気候変動やサステナビリティの目標達成に貢献する技術を開発するカナダの新興企業への投資を目的とした、1億5,000万ドル(200億円)の新ファンドを立ち上げることを発表した。

BDCは、カナダの中小企業に対し、融資、アドバイザリーサービス、資本を提供している。BDCによると、カナダのサステナビリティに特化した新興企業は、海外の同業他社と比較して資金が不足している傾向にある。2021年に環境サステナビリティを対象としたカナダのVC投資の割合は、世界平均の14%に対し、わずか5%にとどまっていることから、同社は新ファンドを設立した。

新ファンドは、SaaS、ハードウェア対応ソフトウェア、ソフトウェア主導のビジネスモデルを持つサステナビリティ志向の企業に対し、シードからシリーズAおよびBまで、エクイティ投資を行う予定である。本ファンドが対象とするテクノロジーは、持続可能なコミュニティと都市、責任ある生産と消費、気候変動対策、クリーンで安価なエネルギーなど、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の4つに沿ったものとなる。

【参照ページ】
(原文)BDC Launches New $150-Million Sustainability Venture Fund to Further Enable the Transition to a Net-Zero Economy
(日本語参考訳)BDC、約200億円のサステナビリティ・テック・ベンチャー・ファンドを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る