GPIF、ジェンダー・ ダイバーシティ指数を採用

4月14日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ィンデックス・ポスティングにおいて様々な指数の情報収集を行っており、ポスティングされた国内株式の ESG 指数について審査を実施した。審査の結果、Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index (GenDi J)というジェンダー・ ダイバーシティ指数を採用し、2023年3月にその指数に基づくパッシブ運用を開始した。

この指標の特徴は以下3つである

  • Equileapによる企業のジェンダー・ダイバーシティに関する取組みの評価に基づき、 指数構成銘柄のウエイトを調整
  • 同指数の組入対象企業数は 930 銘柄1と国内上場企業を幅広くカバー
  • 業種ウエイトは中立化されており、低いトラッキングエラーと低い売買回転率を実現

同社は、MorningstarのGenDi J指数を新規に採用し、既存のESG指数に基づくパッシブ ファンドの運用資産から一部(5000億円相当)を回収し、同指数に配分することで運用を開始した。今回のESG指数間での運用資産の配分・回収は、ポートフォリオ全体のリスク管理の一 環として行うものである。これからも次世代の被保険者の皆様に必要な積立金を確保する観点から、GPIFでは ESGを考慮した投資を推進する。

【参照ページ】
国内株式のESG指数を新規採用し、リバランスを実施しました

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る