GPIF、ジェンダー・ ダイバーシティ指数を採用

4月14日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ィンデックス・ポスティングにおいて様々な指数の情報収集を行っており、ポスティングされた国内株式の ESG 指数について審査を実施した。審査の結果、Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index (GenDi J)というジェンダー・ ダイバーシティ指数を採用し、2023年3月にその指数に基づくパッシブ運用を開始した。

この指標の特徴は以下3つである

  • Equileapによる企業のジェンダー・ダイバーシティに関する取組みの評価に基づき、 指数構成銘柄のウエイトを調整
  • 同指数の組入対象企業数は 930 銘柄1と国内上場企業を幅広くカバー
  • 業種ウエイトは中立化されており、低いトラッキングエラーと低い売買回転率を実現

同社は、MorningstarのGenDi J指数を新規に採用し、既存のESG指数に基づくパッシブ ファンドの運用資産から一部(5000億円相当)を回収し、同指数に配分することで運用を開始した。今回のESG指数間での運用資産の配分・回収は、ポートフォリオ全体のリスク管理の一 環として行うものである。これからも次世代の被保険者の皆様に必要な積立金を確保する観点から、GPIFでは ESGを考慮した投資を推進する。

【参照ページ】
国内株式のESG指数を新規採用し、リバランスを実施しました

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る