日本ハム、サステナビリティボンドの発行を発表

日本ハム、サステナビリティボンドの発行を発表

9月22日、日本ハム株式会社は、昨年に引き続き本社債の調達資金を新球場(エスコンフィールド北海道)建設に関する支出に充当する目的でサステナビリティボンドを発行すると発表した。また、対象とする投資家を個人投資家まで拡大する。発行額は200億円で年限は5年である。

同社の社債の調達資金は、DBJ Green Building 認証制度において5つ星を取得している。「HOKKAIDO BALL PARK F VILLAGE」の新球場建設に関する支出に充当することで、持続可能な環境・社会の実現に貢献していくという。

また、本フレームワークは、「サステナビリティボンド・ガイドライン2018」及び「グリーンボンドガイドライン2020年版」に適合しており、その適格性と透明性を担保するために、サステナビリティクスよりセカンドオピニオンを取得している。

【参照ページ】
個人投資家向けサステナビリティボンド「北海道日本ハムファイターズボンド」発行に関するお知らせ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る