三菱ケミカル株式会社、Agilyx社とのアクリル樹脂の解重合技術の実証に成功

三菱ケミカル株式会社、Agilyx社とのアクリル樹脂の解重合技術の実証に成功

12月9日、三菱ケミカル株式会社及びその連結子会社である三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社(MCM)は、Agilyx社とともに技術検討を進めてきた、アクリル樹脂として知られるPMMAのケミカルリサイクル実証に成功したと発表した。

Agilyx社は独自の熱分解技術を有し、2020年よりMCMとラボスケールでのアクリル樹脂の解重合試験を開始。2021年8月よりAgilyx社プラントスケール設備にて、本格的な実証試験を実施してきた。解重合後の分解物は、従来法で作られたMMA(メタクリレート)と等しい品質水準まで純度を高めるため、英ウィルトンにあるパイロットプラントで実証試験を行なっている。

また、三菱ケミカル株式会社及びMCMは事業化に向け、日本においてマイクロ波化学株式会社と協力し実証試験を進めている。Agilyx社との実証試験の成功を受け、地域特性に適したアクリル樹脂のケミカルリサイクルプラントの建設に向け、さらなる検討が加速する見込みだ。

【参照ページ】
Agilyx社とのアクリル樹脂ケミカルリサイクル実証試験の成果について ~プラントスケールでアクリル樹脂の解重合技術を実証~

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る