H&M、グリーンボンド800億円発行

H&M、グリーンボンド800億円発行

10月19日、H&Mグループは、ユーロ・ミディアム・ターム・ノート(EMTN)プログラムの一環として、償還期間8年の5億ユーロ(約807億円)のグリーンボンドを発行し、サステナビリティへの取り組み強化に向けて重要な一歩を踏み出した。この債券は、多様な国際的機関投資家グループからの圧倒的な反響を目の当たりにし、3.5倍以上の応募超過となった。

本債券発行で調達された資金は、2023年9月1日に発表された「持続可能な金融フレームワーク」で定義された5つの主要カテゴリーに該当するプロジェクトへの融資に充てられる。これらのカテゴリーには、サーキュラー・エコノミー、グリーン・ビルディング、再生可能エネルギー、エネルギー効率、持続可能な水管理と廃水管理が含まれる。

H&Mグループのアダム・カールソン最高財務責任者(CFO)は、同社初のグリーンボンドに対する強い需要に満足感を示し、同社の負債の満期プロフィールを拡大する役割を強調した。さらに、この財務的な動きは、気候変動への影響がネット・ゼロの循環型ファッション業界をリードするという同社のビジョンに沿ったものだと強調した。このグリーンボンドは、H&Mグループの投資家層の拡大にもつながり、著名なグリーン投資家数社が参加し、同社のサステナビリティ・アジェンダが強調された。

このグリーンボンドは、規制市場であるユーロネクスト・ダブリンに上場されることになっており、BNPパリバ、ING、J.P.モルガン、SEB、ユニクレジットの支援を受けて推進された。INGは、サステナブル・ファイナンス・フレームワークの策定において、アドバイザリー的な役割も果たした。

H&Mグループによるグリーンボンドの発行は、環境・サステナビリティ目標へのコミットメントを強調するものであり、ファッション業界の環境フットプリントにプラスの影響を与えることへの献身を強調するものである。

【参照ページ】
(原文)H&M Group issues inaugural EUR 500 million green bond to support financing of its circularity and climate roadmap
(日本語参考訳)H&Mグループ、循環型気候ロードマップの資金調達を支援するため、第1回5億ユーロのグリーンボンドを発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る