PwC、自然・生物多様性に特化したプラクティスを立ち上げ、全社員に自然への影響に関する教育を強化

PwC、自然・生物多様性に特化したプラクティスを立ち上げ、全社員に自然への影響に関する教育を強化

4月19日、グローバルなプロフェッショナルサービスプロバイダーであるPwCは、ネイチャー・ポジティブ・ビジネス・センターを立ち上げ、今後12カ月間で自然専門家チームの規模を倍増する計画、自然にポジティブな成果を上げるための全従業員32万8000人のスキルアップを含む、世界の自然および生物多様性の能力の向上を目指す一連のイニシアティブを発表した。

新しい取り組みは、PwCが2021年に発表した世界戦略「The New Equation」に続くものである。5年間で120億ドル(約1.6兆円)を投資する計画で、ESGを投資の重点分野の一つとし、ESGの収益を今後4年間で10倍にする目標を掲げている。

PwCによると、新しいネイチャー・ポジティブ・ビジネス・センターは、生物多様性、水、再生農業、林業などの分野における同社の主要なグローバル能力を結集・拡大するものである。同社のネットワーク全体から500人以上(1,000人に拡大予定)の自然専門家が、ネイチャー・ポジティブ戦略と変革、自然リスク管理と報告、自然技術、データと測定、自然金融と資金管理などのテーマに焦点を当てている。

PwCは、グローバルなサステナビリティ・アカデミーを通じて、特注のオンライン学習も含め、世界中の従業員に自然や生物多様性に関するトレーニングを提供する予定である。

また、自社の事業において、どのオフィスが生物多様性の主要地域にあるか、または隣接しているかを特定するための評価を開始し、現在、自社のサプライチェーンにおける自然関連の影響を特定するための評価を実施していると述べている。

新しい取り組みの開始と同時に、PwCは新しい報告書「自然リスクの管理」を発表した。約58兆ドル(約7,700兆円)に相当する、世界のGDPの55%が、中または高程度に自然に依存しており、重大な自然リスクにさらされているとの調査結果を示した。この結果は、2020年の44兆ドル(約5,900億円)から増加した。

【参照ページ】
(原文)PwC boosts global nature and biodiversity capabilities with new Centre for Nature Positive Business, as new research finds 55% of the world’s GDP – equivalent to $58 trillion – is exposed to material nature risk without immediate action
(日本語参考訳)PwC、自然・生物多様性に特化したプラクティスを立ち上げ、全社員に自然への影響に関する教育を強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る