ルノー・日産・三菱アライアンス、パートナーシップの新たな一歩

ルノー・日産・三菱アライアンス、パートナーシップの新たな一歩を踏み出す

2月6日、ルノー・日産・三菱アライアンスは、ルノーグループおよび日産自動車の取締役会の承認を受け、両社のパートナーシップを次のレベルへ引き上げるための新たな取り組みを発表した。

すべてのアライアンスステークホルダーの価値創造を最大化するための3次元プログラムには、以下が含まれる。

  • 中南米、インド、欧州における高付加価値オペレーションプロジェクト
  • パートナーが参加できる新たな取り組みによる戦略的俊敏性の強化
  • ルノーグループと日産の株式持ち合い比率の調整とアライアンスガバナンスの強化

ルノー・グループと日産は、2023年第1四半期末までの最終合意に向けて、上記の取引に関する拘束力のある枠組み契約を締結した。これらの最終合意で企図された取引は、規制当局の承認など限られた前提条件に従って行われ、完了は2023年第4四半期になると予想される。

広範囲にわたるプログラムは、24 年間のパートナーシップの更新と強化への道を開き、新しい機敏な精神を生み出し、3 つのアライアンスメンバーすべての先駆的技術を活用するものである。この次のレベルでは、アライアンス各社が、変化の激しい自動車製品およびモビリティ・サービスの市場において革新と変革を遂げるために、さらなる成長機会を創出し、経営効率の確保に貢献することになると考えている。

中南米で検討されるプロジェクトは、以下の4つである。

  • ルノー・グループが開発し、アルゼンチンの日産と共有する新しいハーフトン・ピックアップ
  • 日産フロンティア/ルノーアラスカンファミリーの1トンピックアップで成功したコラボレーションを継続
    ルノー・グループは、コルドバ(アルゼンチン)でルノーと日産のピックアップを生産
  • メキシコでは、日産がルノー・グループ向けに新型車を生産し、ルノー車としては20年ぶりにメキシコで生産
  • また、日産とルノー・グループは、CMF-AEV(Common Module Family)プラットフォームを採用した、共通アクセス可能なAセグメントのEV2車種を商品化

インドでは、以下の取り組みが検討中である

  • ルノーグループと日産は、インドおよび輸出向けに、ルノーグループと日産が共有する新しいSUVや、ルノートリバーから派生した新しい日産車など、いくつかの新車プロジェクトで協力
  • 中南米と同様、日産とルノー・グループは、AセグメントのEVの共通化

欧州では、以下の取り組みを検討中である。

  • Renault Group と三菱自動車は、Renault Captur と Clio の資産を活用し、CMF-B platform をベースにした次世代 ASX と Colt の 2つの新型車を開発
  • Renault Groupは、2026年から最初のSoftware-Defined VehicleとしてLCV市場にFlexEVanを投入し、欧州で日産と共有
  • また、2026年以降のラインナップとして、日産とルノー・グループは次世代のCセグメントEVに関する協力の可能性を探求
    充電時間の基準値を確保するため、日産とルノー・グループは、共通の800ボルト・アーキテクチャの利用可能性を含め、欧州車の技術共有を継続

これらの取り組みは、2026年からフランスのルノー・グループのエレクトリシティ工場で生産されるCMF-BEVプラットフォームをベースとした日産の小型EV(Bセグメント)の計画など、既存のコミットメントに基づくものとなる。

【参照ページ】
(原文)Renault Group and PUNCH Torino sign a strategic partnership on low-emission diesel engines
(日本語参考訳)ルノーグループとパンチ・トリノ、低排出ガスディーゼルエンジンに関する戦略的パートナーシップに調印

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る