ADM・Farmers Business Network、持続可能なAgTechのプラットフォームを拡充

7月21日、持続可能な栄養と農業のリーダーである株式会社ADMと、農家間のグローバルネットワークとAgTech企業であるFBN (Farmers Business Network) は、FBNの最先端のデジタル農場ビジネス管理プラットフォームであるGradableの利用範囲を北米のADMの農家ネットワークに広げ、55,000の生産者にビジネスを管理し持続可能な生産データを計測する総合デジタルソリューションを提供する契約を締結した。

世界最大の穀物バイヤーの1つであるADMの規模と専門知識、およびFBNの最先端のデジタルファームコマースとデータ分析を活用し、Gradableプラットフォームは、生産者が再生農業プログラムや低炭素穀物の新市場に参加するための測定、報告、検証機能など、事業の収益性を向上できる分野の特定を支援する。

FBNのGradableテクノロジープラットフォームは、生産農業に効率的で透明かつ安全な穀物取引を必要とする新しい時代が到来する中、穀物バイヤーと農家間の関係を強化する最新のデジタルインフラを提供するために開発されたものだ。

Gradableはまた、農家がカーボンスコアを含む検証可能な生産データをシームレスに収集・計算できるようにすることで、新しいサステナビリティ市場への参加を拡大するための基盤を構築し、市場で下流利益を収益化する力を与える。Gradableのプラットフォームの環境スコアリング機能を利用し、被覆作物、窒素効率化ツール、または不耕起農法などの再生実践を採用した農家は、炭素強度フットプリントが平均より20~30%低い穀物を生産している。

【参照ページ】
(原文)ADM, Farmers Business Network to Expand Sustainable AgTech Platform
(日本語訳)ADM・Farmers Business Network、持続可能なAgTechのプラットフォームを拡充

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る