スイス、投資商品とポートフォリオのための気候スコアを発表

スイス、投資商品とポートフォリオのための気候スコアを発表

6月29日、スイス連邦評議会は、世界的な気候変動に関する目標に対する企業の対応状況を透明化することを目的とした、一連の指標に基づく「スイス気候スコア」の開始を発表した。

連邦内閣は、銀行、資産運用会社、保険会社が、顧客のポートフォリオや投資商品に本スコアの適用を要請している。投資家は、投資先の気候変動との整合性をより適切に評価し、気候変動の機会を特定し、自らのサステナビリティ目標を達成できるようになる。

スコアの評価基準は、温室効果ガス排出量、化石燃料の使用量、地球温暖化係数、ネット・ゼロ戦略とコミットメント、気候スチュワードシップなど。

新しいスコアは、既存の気候変動対策と互換性があり、GFANZ(Glasgow Financial Alliance for NetZero)やTCFD(Taskforce for Climate-related Financial Disclosures)といった既存のイニシアティブを大いに活用している。

同協議会によると、本スコアは、EUタクソノミーのような現行のシステムを超えて、企業やポートフォリオの現在の環境状況に関する気候スナップショットを提供するだけでなく、温暖化を1.5℃に抑えるという世界の気候目標に対する企業の位置づけや移行計画などの将来的な情報も含んでいるという。

本スコアは、スイスの連邦政府機関、UBS、スイス・リー、ロンバー・オディエなどの金融セクター、NGO、学術機関などからなるワーキンググループの意見をもとに作成された。

【参照ページ】
(原文)Federal Council launches Swiss Climate Scores for climate transparency in financial investments
(日本語訳)連邦評議会、金融投資における気候の透明性を確保するためのスイス・クライメート・スコアを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る