フィンテック企業Broadridge、企業がESGパフォーマンスを同業他社と比較するためのツールを提供開始

 

1月23日、フィンテック企業Broadridgeは新しいWebベースのESG開示およびデータ分析ベンチマーク・ツールである「ESG Analyzer」を発表した。本データ分析ベンチマーキング・ツールは、企業が業界や同業他社と自社のESGパフォーマンスを比較し、ESG戦略と実践を改善することを目的としている。

Broadridgeによると本ツールは、北米の5,000社以上の発行体を網羅し、幅広いESGとサステナビリティのトピックにわたって、200万以上のデータポイントを組み込んだ公開ESG開示と基礎となる測定基準のリポジトリを提供する。本ツールにより、企業は自社のESG指標のすべてを1つのダッシュボードで見ることができ、データを同業他社と並べて比較し、同業他社がどのような情報を提供しているか、あるいは提供していないか、またどのようなコミットメントを行っているかを理解することができる。ESG Analyzerは、自社と同業他社が主要なESGフレームワークにどのように整合しているかを表示し、SASB、GRI、TCFD、SFDR、UNGCなどの情報開示を追跡できるようにもなっている。

同社は、企業が本ツールを使って下記のような指標を比較・分析できるとしている。

  • 環境:エネルギー・気候変動、政策・報告、資源管理
  • 社会 – 地域:地域開発、製品、人権、サプライチェーン
  • 社会 – 従業員:報酬と福利厚生、多様性、労働者の権利、研修、安全衛生
  • ガバナンス:取締役会、リーダーシップの倫理、透明性と報告

【参照ページ】
ESG Disclosure, Data Analytics and Benchmarking Made Simple by New Broadridge Tool – ESG Analyzer

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る