Putnam、ESGファンドを追加し、アクティブETF製品を拡充

Putnam、ESGファンドを追加し、アクティブETFスイートを拡充

1月20日、グローバルな資産運用会社であるPutnam Investmentsは、3種類の債券と2種類の米国外株式戦略を含む、一連の新しいアクティブ運用の上場投資信託(ETF)の立ち上げを発表した。

本発表は、Putnamが提供する一連のアクティブ運用ETFの拡充を意味する。 Putnam は2021年に、同社のESGファンドをベースにした2本のETFと、2本の大型株式ファンドで、初のアクティブ運用型上場投資信託(ETF)を発売した。

債権ETFには、主に米国の企業や政府が発行する投資適格債券に分散投資する「Putnam ESGコア・ボンドETF」、ESG基準を満たす発行体の投資適格未満債券をセクター別に投資対象とする「Putnam ESGハイ・イールドETF」がある。また、「Putnam ESGウルトラショートETF」は、投資適格の短期金融市場およびその他の債券から成る分散ポートフォリオに投資し、関連するESG基準を満たす発行体にセクター別にフォーカスしている。

株式ETFは、Putnamの関連会社であるPanAgora Asset Managementがサブアドバイザーを務める「Putnam PanAgora ESG国際株式ETF」と「Putnam PanAgora ESG新興市場株式ETF」で、それぞれ米国以外の株式と新興市場の株式に投資し、独自の定量フレームワークに基づき、ベンチマークとの相対リターンが魅力的でESG指標にポジティブな証券にフォーカスする。

また、 Putnamは、ESGに焦点を当てた新しいターゲットデートファンド「Putnamサステナブル・リタイヤメント・ファンド」を今後数週間のうちに立ち上げ、既存の「Putnamサステナブル・リーダーズETF」「Putnamサステナブル・フューチャーETF」とともに、新しいESG ETFを基礎投資対象とすることを目指していると発表している。

【関連記事】PutnamがESG債券・株式戦略を提供開始

【参照ページ】
(原文)Putnam Investments Launches Fixed Income and Non-U.S. Equity Exchange-Traded Funds
(日本語参考訳)Putnam、ESGファンドを追加し、アクティブETFスイートを拡充

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る