BainとEcoVadis、調査によりESGはより強い成長と収益性に結びつくことを発表

ESGはより強い成長と収益性に結びつく、BainとEcoVadisの調査結果

4月17日、グローバルな経営コンサルティング会社であるBain & Companyと持続可能性評価プロバイダーのEcoVadisが発表した新しい調査によると、ESG活動は財務業績の向上と正の相関があり、より速い収益成長、より強いマージンなどの明らかなメリットがあることが明らかになった。

本調査「Do ESG Efforts Create Value?」では、EcoVadisが追跡調査している10万社のESG活動の影響を評価し、ESG目標の設定、結果の追跡、経営プロセスへの持続可能性の組み込み、持続可能な調達、炭素削減や多様性・公平性・包摂の改善プログラムの導入などの活動が、ESGの成果や財務パフォーマンスとどのように相関しているのかを検証している。調査対象企業の80%は未公開企業である。

調査の結果、ESG活動と財務成果との間に強い負の相関は見られなかったが、いくつかの領域で正の相関が見られた。

本報告書では、業績とESGの様々な側面との間に見られる4つの具体的な関連性を強調している。多様性、公平性、包摂(経営陣の性別の多様性が業界で上位4分の1にランクされている企業は、下位4分の1の企業よりも売上高で2ポイント、EBITDA利益率で3ポイント上回っている)、持続可能なサプライチェーン(サプライヤー調達において倫理、環境、労働慣行を重視する企業は、マージンが3~4%ポイント高い)。

【参照ページ】
(原文)ESG activities correlate to stronger financial performance, reveals new study from Bain & Company and EcoVadis
(日本語訳)BainとEcoVadis、調査によりESGはより強い成長と収益性に結びつくことを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る