Ebb Carbon、海洋ベースのCO2除去ソリューションの展開に向け約26億円を調達

気候技術スタートアップのEbb Carbonが、海洋ベースのCO2除去ソリューションの展開に向け約26億円を調達

4月21日、海洋を利用した二酸化炭素除去(CDR)企業であるEbb Carbonは、2000万ドル(約26億円)の資金を調達したと発表した。本資金は、海洋が大気中の二酸化炭素を回収し、永久に貯蔵する能力を高める技術の開発と普及を目的としている。

Ebb Carbonによると、今回の資金調達は、海洋を利用した炭素除去技術に対するこれまでで最大の投資となる。

炭素除去は、気候変動に対処するための重要な手段として浮上しているが、大気中の炭素を回収・貯蔵する技術やソリューションのほとんどは、まだ初期段階にとどまっている。昨年発表されたIPCCの気候変動緩和に関する画期的な研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素除去(CDR)法が今後数十年にわたって年間数十億トンの除去量に拡大されるとされている。二酸化炭素を吸収・貯蔵する海を利用した炭素回収・貯留は、最も低コストで二酸化炭素を除去できる方法の一つである可能性がある。

Tesla、SolarCity、Google Xの元幹部が2021年に設立したEbb Carbonは、電気化学的手法による海洋での炭素除去を商業化しており、自然の海洋アルカリ化プロセスを加速させ、大気中の二酸化炭素濃度の上昇による酸性度の上昇を抑えて海洋化学を回復させるとともに、二酸化炭素を回収して重炭酸に変換し、少なくとも1万年間二酸化炭素を隔離できる安全で安定した貯蔵を実現している。

シリーズAの資金調達は、気候ソリューションとクリーンテックに特化したベンチャー投資家であるPrelude VenturesとEvok Innovationsが主導した。

【参照ページ】
Announcing Ebb Carbon’s Series A

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る