スターバックス、ドライブスルーとモバイル注文でリユーザブルカップを使用可能に

スターバックス、ドライブスルーとモバイル注文でリユーザブルカップを使用可能に

1月3日、スターバックスは、米国とカナダにある直営店とライセンス加盟店すべてで、ドライブスルーでの購入やスターバックスアプリからのモバイル注文を含め、顧客が個人用の再利用可能なカップを使用できる新しいプログラムを発表した。

スターバックスによると、今回の発表により、同社はモバイルおよびドライブスルーの注文で再利用可能なカップを受け入れる米国初の全国的なコーヒー小売業者となり、2020年に設定された、2030年までに埋立地への廃棄物を50%削減するという同社の目標をサポートすることになる。

スターバックスは、再利用可能なカップの選択肢を世界中の顧客に提供する一連の計画を2022年に発表し、米国とカナダの顧客がカフェ、ドライブスルー、モバイル注文・支払いを含むすべての来店で個人用の再利用可能なカップを使用できるようにすることを目指しており、世界中の顧客がすべての来店で再利用可能なカップの選択肢を利用できるようにする2025年の目標を設定している。

新しいプログラムでは、顧客はすべての標準サイズ、ホット、アイス、ブレンドビバレッジを含むすべてのドリンクとサイズをパーソナルカップで注文することができ、バリスタは、パートナーが計量に必要とする標準化されたラインを持つ新しいカスタムビバレッジクラフトスモールウェアを使用する。ドライブスルーでは、顧客はバリスタに再利用可能なカップを使用したいことを伝えることができ、バリスタは非接触型の容器でカップを回収して使用する。アプリでは、注文時に「カスタマイズ」ボタンの下に「パーソナルカップ」の選択が可能になる。

【参照ページ】
Starbucks Becomes First National Coffee Retailer to Accept Reusable Cups for Drive-thru and Mobile Orders

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る