スターバックス、ドライブスルーとモバイル注文でリユーザブルカップを使用可能に

スターバックス、ドライブスルーとモバイル注文でリユーザブルカップを使用可能に

1月3日、スターバックスは、米国とカナダにある直営店とライセンス加盟店すべてで、ドライブスルーでの購入やスターバックスアプリからのモバイル注文を含め、顧客が個人用の再利用可能なカップを使用できる新しいプログラムを発表した。

スターバックスによると、今回の発表により、同社はモバイルおよびドライブスルーの注文で再利用可能なカップを受け入れる米国初の全国的なコーヒー小売業者となり、2020年に設定された、2030年までに埋立地への廃棄物を50%削減するという同社の目標をサポートすることになる。

スターバックスは、再利用可能なカップの選択肢を世界中の顧客に提供する一連の計画を2022年に発表し、米国とカナダの顧客がカフェ、ドライブスルー、モバイル注文・支払いを含むすべての来店で個人用の再利用可能なカップを使用できるようにすることを目指しており、世界中の顧客がすべての来店で再利用可能なカップの選択肢を利用できるようにする2025年の目標を設定している。

新しいプログラムでは、顧客はすべての標準サイズ、ホット、アイス、ブレンドビバレッジを含むすべてのドリンクとサイズをパーソナルカップで注文することができ、バリスタは、パートナーが計量に必要とする標準化されたラインを持つ新しいカスタムビバレッジクラフトスモールウェアを使用する。ドライブスルーでは、顧客はバリスタに再利用可能なカップを使用したいことを伝えることができ、バリスタは非接触型の容器でカップを回収して使用する。アプリでは、注文時に「カスタマイズ」ボタンの下に「パーソナルカップ」の選択が可能になる。

【参照ページ】
Starbucks Becomes First National Coffee Retailer to Accept Reusable Cups for Drive-thru and Mobile Orders

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る