DHL、サプライチェーン部門の脱炭素化に向けてクリーン燃料に320億円超を投資

DHL、サプライチェーン部門の脱炭素化に向けてクリーン燃料に約327億円以上を投資

11月15日、DHLグループのコントラクトロジスティクス部門であるDHLサプライチェーンは、輸送車両のグローバルな持続可能性基準を設定し、排出量を大幅に削減することを目的とし、今後3年間で化石燃料の代替燃料に2億ユーロ(約327億円)を追加投資することを含む、新たなグローバルグリーン輸送方針を発表した。

新方針の発表は、DHLが2021年に発表した「サステナビリティ・ロードマップ」に続くもので、ゼロエミッションのe-ビークルの拡大、代替航空燃料、気候ニュートラルビルを中心に、CO2排出量削減のための施策に10年間で70億ユーロ(約1兆1,341億円)を投資する計画が盛り込まれている。

DHLサプライチェーンCEOのOscar de Bokによると、同社の計画では、2026年までに全車両の30%を持続可能な燃料で運行する。2億ユーロ(約327億円)の投資に加え、新方針ではまず、約2,000台の車両を従来の燃焼エンジンから、水素化植物油、バイオガス、電気、水素などの代替燃料に移行させる。

DHLによると、本投資により、1年間に約30万トンのCO2排出量が削減されるという。これは、1台あたり1日500キロメートルの距離を走行するトラック2,200台が排出するCO2量を相殺することに相当する。

グリーン輸送方針は、利用可能性、インフラ、市場あたりのコストなどの要素に基づき、最も適切なグリーンな代替手段についてのガイダンスを提供する、と同社は述べた。新方針は、輸送部門におけるDHLサプライチェーンの自社車両からの排出量の94%を占める、排出量の最も多い17カ国への投資を対象とする。

【参照ページ】
DHL Supply Chain introduces Green Transport Policy to set a global sustainability standard for its transport fleet

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る