DHL、サプライチェーン部門の脱炭素化に向けてクリーン燃料に320億円超を投資

DHL、サプライチェーン部門の脱炭素化に向けてクリーン燃料に約327億円以上を投資

11月15日、DHLグループのコントラクトロジスティクス部門であるDHLサプライチェーンは、輸送車両のグローバルな持続可能性基準を設定し、排出量を大幅に削減することを目的とし、今後3年間で化石燃料の代替燃料に2億ユーロ(約327億円)を追加投資することを含む、新たなグローバルグリーン輸送方針を発表した。

新方針の発表は、DHLが2021年に発表した「サステナビリティ・ロードマップ」に続くもので、ゼロエミッションのe-ビークルの拡大、代替航空燃料、気候ニュートラルビルを中心に、CO2排出量削減のための施策に10年間で70億ユーロ(約1兆1,341億円)を投資する計画が盛り込まれている。

DHLサプライチェーンCEOのOscar de Bokによると、同社の計画では、2026年までに全車両の30%を持続可能な燃料で運行する。2億ユーロ(約327億円)の投資に加え、新方針ではまず、約2,000台の車両を従来の燃焼エンジンから、水素化植物油、バイオガス、電気、水素などの代替燃料に移行させる。

DHLによると、本投資により、1年間に約30万トンのCO2排出量が削減されるという。これは、1台あたり1日500キロメートルの距離を走行するトラック2,200台が排出するCO2量を相殺することに相当する。

グリーン輸送方針は、利用可能性、インフラ、市場あたりのコストなどの要素に基づき、最も適切なグリーンな代替手段についてのガイダンスを提供する、と同社は述べた。新方針は、輸送部門におけるDHLサプライチェーンの自社車両からの排出量の94%を占める、排出量の最も多い17カ国への投資を対象とする。

【参照ページ】
DHL Supply Chain introduces Green Transport Policy to set a global sustainability standard for its transport fleet

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る