SAP、2030年までのバリューチェーン全体のネット・ゼロ達成にコミット

SAP、2030年までのバリューチェーン全体のネット・ゼロ達成にコミット

1月11日、SAPは当初の目標よりも20年早い2030年にバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという新たなコミットメントを発表した。同社は、第一の手段として、SAPが販売する製品の使用による排出量を削減し、次に購入した商品やサービスによる排出量を削減することを目指している。

SAPによると、2020年のバリューチェーン全体の炭素排出量は、合計で2,300ktとなり、SAPの自社事業の純排出量が135ktであるのに対し、バリューチェーンの脱炭素化は世界の企業における持続可能性への取り組みにおいて主要な焦点となりつつある。

同社はオンプレミス顧客のクラウドへの移行を加速すること、主要サプライヤーとの連携を強化し、ネット・ゼロへのコミットとカーボンニュートラルで製品やサービスを提供すること、持続可能なプログラミングを行ったクラス最高のデータセンターを使用すること、すべてのSAPクラウド製品を対象にクラウド・カーボンフットプリント計算機を提供することなどを重点分野としている。

直近SAPは企業がバリューチェーン全体で製品のカーボンフットプリントを評価できるように設計されたProduct Footprint Managementソリューションを発表し、2021年4月には企業がサプライチェーンの脱炭素化とバリューチェーン全体での循環経済原則の定着を可能にする、サステナビリティ重視のソリューションを共同開発するためのアクセンチュアとの提携を発表している。

今後、SAPはSBTi(Science Based Targets initiative)による検証を受けることを目指しており、ネット・ゼロ変革に向けたプログラムの立ち上げに着手している。

【参照ページ】
(原文)Accelerating Our Commitment to Net-Zero
(日本語訳)SAP、バリューチェーン全体で2030年までにネットゼロを達成することを約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る