6月8日、グローバルな資金運用会社であるパトナム・インベストメンツは、2つの定量的株式戦略と3つの債券戦略を含む、5つの新しいESGに焦点を当てたアクティブETFを立ち上げると発表した。株式ETFは、パトナムの関連会社であるパナゴラ・アセット・マネジメントがサブアドバイザーを務める予定だ。

本発表は、パトナムが昨年発表した初のアクティブETFや、最近発表したリタイアメント市場向けのESGに特化したシリーズなど、ESG投資に関する一連の取り組みを継続的に行っていることを示すもので、パトナムは、ESGに特化したETFの開発を進めている。

新しい債券戦略であるパトナムESGコア債券ETF、パトナムESGハイイールドETF、パトナムESGウルトラショートETFは、主に投資適格債券、主に投資適格未満の債券、短期間、投資適格マネーマーケットおよびその他の債券からなる債券にそれぞれ投資し、それぞれ関連するESG基準またはプラスのESG指標を満たす企業または発行体に焦点を当てる。

株式戦略では、米国以外の企業に焦点を当てた「パトナム・パナゴラESG国際株式ETF」と「パトナム・パナゴラESG新興市場株式ETF」が、いずれもポジティブなESG指標を示す企業に焦点を当て、長期的な資本増価を目指す。

昨年発売したESG ETFとともに、この新しい戦略は、ESGに焦点を当てたターゲット・デート・シリーズであるパトナム・サステナブル・リタイヤメント・ファンドの基礎投資コンポーネントとして機能する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Putnam Investments to Launch Fixed Income and Quantitative Equity ESG Investment Strategies
(日本語訳)PutnamがESG債券・株式戦略を提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る