H&MとLululemon、ファッションのサプライチェーン脱炭素化に向けた2億5,000万ドルの基金を設立

6月8日、ファッションのサステナビリティに焦点を当てた非営利団体アパレル・インパクト・インスティチュート(Aii)は、Lululemon、H&Mグループ、H&M財団、シュミット・ファミリー財団を主要な出資者とする2億5,000万ドル(約336億円)の新しいファッション気候基金を立ち上げると発表した。

Aiiによると、新しい基金は、2030年までに排出量を半減させるというファッション業界の目標を支える行動とソリューションを推進することを目的としており、特に業界の排出量の大部分を占めるサプライチェーンに重点を置いている。

最終的には、慈善団体、ファッションブランド、メーカー、債券・株式投資家などから20億ドル(約2,688億円)の資金を調達し、アパレルのサプライチェーンから最大1億5,000万トンのCO2を削減することを目指している。

ファッション気候基金は、再生可能エネルギーへの移行、次世代素材の加速、持続可能な素材と実践の拡大、生産における石炭の排除、エネルギー効率の改善など、バリューチェーン全体にわたるサプライヤーの介入に対してプログラム上の資金を提供する。

また、ソリューションの管理を支援し、資金の利用を適用するために、Aiiは、サプライチェーンの温室効果ガス排出に対処する初期、中期、後期のイニシアティブをオンライン登録する「Climate Solutions Portfolio」を立ち上げる計画も発表している。ファンドパートナーや戦略的アドバイザーは、このポートフォリオを利用して、業界の連携やプログラム・助成金の決定を行う。

【参照ページ】
(原文)H&M, Lululemon back $250 million Fashion Climate Fund to decarbonise supply chain
(日本語訳)H&MとLululemon、ファッションのサプライチェーンを脱炭素化するために2億5千万ドルの基金を設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る